コンテンツマーケティングで挫折してしまう5つの原因

コンテンツマーケティングはマラソンにたとえられます。

マラソンランナーが長距離を走り続けてゴールに到達するように、コンテンツマーケティングで成果を得るには、長期にわたるコンテンツの制作と発信、改善を繰り返さなければなりません。少なくとも1年間は続ける覚悟が必要です。

しかし、コンテンツマーケティングを始めた多くの人が身をもって感じるのは、コンテンツの発信は口で言うほど簡単ではないということ。人手も必要ですし、根気もいります。

そして、始めたはいいものの、運用担当者が1年を待たずして息切れしてしまい、配信ペースが落ちてしまうケースが少なくありません。

コンテンツマーケティングのマラソンの途中で挫折せずに、成果を得るまで走り続けるには、どうすればよいでしょうか?

このeBookでは、コンテンツマーケティングの運用の途中でくじけそうになったときに見直すべきことや、また事前に準備しておくべきことを解説します。

目次(全18ページ)

  1. 序文——コンテンツマーケティングの運用はマラソン
  2. コンテンツマーケティングの担当者が陥る5つの症状
  3. コンテンツマーケティングにはゴールと戦略が不可欠
  4. コンテンツ制作と同じくらい重要なKPI設計と効果計測
  5. レポート作成と分析・報告をする
  6. 運用体制が整っていないとコンテンツマーケティングは続かない
  7. ネタ切れの原因はインプット不足
  8. おわりに——コンテンツマーケティングの運用途中で挫折しないために


※ダウンロードのエラーが出た場合は、お手数ですがこちらにご連絡ください。
mktg@innova-jp.com

資料ダウンロードフォーム

イノーバ 

 

お客様の個人情報は、イノーバから、セミナー・イベント情報、製品およびサービスに関連する連絡を差し上げるために利用されます。

上記フォームへのお申込みを以て、下記の個人情報の取り扱いについてご同意いただいたものといたします。

 

個人情報の取り扱いについて