マーケティングは内製するべきか?外注するべきか?

 

デジタルマーケティングの推進に関して、世の中的には「内製志向」の企業のほうが多い印象があります。
内製志向の方に話を聞くと、「自社にナレッジが蓄積されない」「費用が嵩む」から外注は避けたい、という理由をよく聞きますが、本当にそうでしょうか?


デジタルマーケティングは戦略の策定から、組織間調整、数多ある施策を組み立てていく、非常に複雑性の高い取り組みです。 加えてほとんどのマーケ部門は常に人不足・予算不足という不利な状況にありますので、要所要所に、外部の高い知見を備えた人材や企業に外注することで、プロジェクトを推進させることが必要不可欠です。

デジタルマーケティングのような複雑性の高い取り組みを成功させるために、内製と外注の線引をどのように設定すべきか?外注を上手く活用するにはどうすればよいか?

本書では、イノーバの実体験を元に「内製か外注か」を考えるヒントをお伝えします。

概要
  • 企業のインターネット活用の加速と、ビジネスに与える大きな変化
  • 重要度を増すデジタルマーケティングとその取り組みの実態
  • マーケティング部門が本来行うべき業務とは?
  • マーケティングが内製に向かいがちな理由
  • 上手な外注の使い方
  • 良い外注先の見極め

 

資料ダウンロードフォーム

イノーバ 

 

お客様の個人情報は、イノーバから、セミナー・イベント情報、製品およびサービスに関連する連絡を差し上げるために利用されます。

上記フォームへのお申込みを以て、下記の個人情報の取り扱いについてご同意いただいたものといたします。

 

個人情報の取り扱いについて