インサイドセールスが解決 眠っている見込み顧客リストを「いますぐ客」へ

モノがない時代、営業マンはお客様を訪問し、商品やサービスを紹介するだけで簡単にモノは売ることができました。その時代に生まれた「会社の売上は営業マンが足で稼ぐ」という考えが、いまだ営業手法のベースになっている企業も多くあります。

そんな日本にも、インターネットの普及と共に、デジタルマーケティングの波が押し寄せ、運営部隊となるマーケティング部門の必要性と位置付けは益々高まっています。

しかし、「営業ありき」という考えが払拭されない日系企業において、マーケティング部門と営業部門の不調和が、見込客を新規顧客へと最大化できない要因になっています。問題の本質に目を向けると見えてくるのは、時代に対応しきれていない企業の体制や、昔から変わらない職種や業務の分担方法が見えてきます。

実は、この問題、日本だけでなく米国の企業でも同じように議論されてきました。米国では、この問題を解決するソリューションとしてインサイドセールスが浸透し、BtoBの営業職においては、既に50%近くがフィールド型の営業ではなく、インサイドセールスが対応しています。

今回は、リードを休眠させてしまっている、リードが新規顧客獲得になかなか繋がらないといった課題をもつ方 に「インサイドセールス」を使ったソリューションについてご紹介していきます。

目次(全20ページ)

  • はじめに
  • インサイドセールスの導入背景
  • インサイドセールスの一日の業務をのぞいてみる
  • インサイドセールス導入の3つの効果
  • イノーバが提唱する「新しい3点セット」
  • さいごに


フォームにご記入のうえ資料をダウンロードしてください。

※ダウンロードのエラーが出た場合は、お手数ですがこちらにご連絡ください。
mktg@innova-jp.com

資料ダウンロードフォーム

イノーバ 

 

お客様の個人情報は、イノーバから、セミナー・イベント情報、製品およびサービスに関連する連絡を差し上げるために利用されます。

上記フォームへのお申込みを以て、下記の個人情報の取り扱いについてご同意いただいたものといたします。

 

個人情報の取り扱いについて