マーケティングオートメーションのよくある失敗例と成功のポイント

近年、注目を集めている「マーケティングオートメーション」。

見込み顧客の獲得(リードジェネレーション)やニーズ育成(リードナーチャリング)といったマーケティングプロセスの一部を自動化することにより、顧客のニーズを明確にしたり、顧客リストのブラッシュアップを行ったりできるシステムです。現在、米国では200以上、日本国内でも10以上のベンダーがあり、ツールの選択肢はますます広がっています。

最近は日本でもマーケティングオートメーションを導入する企業が増えてきていますが、一部では「効果的に活用できない」「当初期待していた効果が得られない」という声も聞かれます。

このツールを適切に活用し、高い効果を上げていくにはどのようなことに注意する必要があるのでしょうか。このeBookでは、マーケティングオートメーションツール導入のよくある失敗例と、導入成功のためのポイントについて解説します。

 
※ダウンロードのエラーが出た場合は、お手数ですがこちらにご連絡ください。
mktg@innova-jp.com

 

資料ダウンロードフォーム

イノーバ 

 

お客様の個人情報は、イノーバから、セミナー・イベント情報、製品およびサービスに関連する連絡を差し上げるために利用されます。

上記フォームへのお申込みを以て、下記の個人情報の取り扱いについてご同意いただいたものといたします。

 

個人情報の取り扱いについて